So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新オーニング完成! [整備記録]

以前、シルバーシートで作ったオーニングを紹介しました。
ただ、日々風にあおられているせいか、厚手のシートを使っても、1年も経つとくたびれてきます。
よくもって2年、と言うところでしょうか。

1.jpg
正月休みを返上し、マリン用の耐候性生地を使って、長年持ちそうなオーニングを作成しました。
色もハルカラーに合わせたつもりです。

2.jpg
家庭用のミシンでなんとか縫える厚みの生地と糸の太さ。 糸もさんざん探し、一応紫外線耐久性のある物を使用しました。
但し、あまりアップにはできません。この厚くて硬い生地、直線縫いすら大変でした^^;


3.jpg
ひねり式のフックがあと2個届いていないので、後部はまだだぶついていますが。

4.jpg
オートパイロット関連の木部を紫外線から少しでも守れるよう、小さなオーニングも作成。
ニス塗り間隔低減狙いです。
7.jpg

5.jpg
例によって、ブームの上にかければ、日よけになるよう、寸法を考慮しました。

6.jpg
生地、糸、ミシン針、材料代しめて、約¥16,000。オーダーに比べ、非常に安くできて満足です。
シルバーシートもこの大きさだと¥4,000位しますが、これを1~2年に一回作り直すか、今回のオーニングが紫外線と、風に耐えて持つか?

スナメリ [その他]

今年の夏は、ずいぶんたくさんスナメリが捕れました。 イヤ、撮れました!

resize0963.jpg
resize0962.jpg
resize0961.jpg
resize0959.jpg
resize0958.jpg
resize0957.jpg
resize0956.jpg

スナメリが来てくれると、やはりうれしいですね。^^

アクションカメラでペラの様子を [その他]



アクションカメラをボートフックの先にテープで固定し、ペラの様子を確認しました。
シャフトブラケット部分の船底塗料が剝げかかっていたので、相当フジツボが着いているかと思いきや、たいしたことはありませんでした。
ペラ、シャフトにはそれなりに着いています。機走でペラを回した後、どのくらい落ちるか、ニューペラクリンの効果を確認したかったのですが、残念、帰り支度で撮り忘れてしまいました。

これまで、潜るか、上架しないとわからなかった船底の様子が確認でき、とても便利になりました。

佐久島クルージング [クルージング]

IMG_0922.JPG
GW明けに、ゲストと佐久島に

IMG_0912.JPG
今回も魚眼レンズです
マストトップまで写ります

IMG_0889.JPG
宴会状態

IMG_0916.JPG
佐久島アートを散策

IMG_0899.JPG
かもめのポーズ

IMG_0911.JPG

プロペラ塗装 [整備記録]

resize0845.jpg
ムムム、なんだこりゃ?

resize0847.jpg
プロペラに付いた得体の知れない生物たち。
ちょっと気味が悪いです。
ペラクリンを塗って、1年間海上繋留した結果です。
意外とフジツボは少なかったようです。
船底はほとんど何もついていません。シージェット037はなかなか性能がいいようです。

resize0849.jpg
まずはスクレーパーで落としたところ。

resize0850.jpg
ワイヤブラシを電動ドリルに取り付け、磨きます。
このワイヤブラシ、3本組で細かなところにも対応でき、ペラ磨きに最適。
格安で入手しました。

resize0856.jpg
思ったより楽に磨き作業完了!
ピカピカになりました。
同時に、塗装の前の下地荒しも完了です。

resize0858.jpg
今回使用するのはニューペラクリン。

resize0864.jpg
先代ペラクリンより短時間で塗装が完了。
さて一年後どうなっていることやら^^

ウインチャー [パーツ]

resize0816.jpg

ウインチャーを取り付けました。
一人でウインチを巻き上げたいが、高価なセルフテーリングウインチを買うほどでもない。
軽風の時は必要ないですが、強風時、最後の一巻き用に取り付けました。
しかし、本物のセルフテーリングの様には行きません。
テーリング位置がウインチの回転とともに回転するので、余ったシートを処理する必要があります。連続して何回転も巻くには不向きです。(実体験しないとわかりづらいかも)
またシートをちょい出ししたいとき、ゴムの摩擦のためスムーズに出にくいです。
でも、強風時の最後の一巻き専用、と考えると、あっても損はないアイテムかと。
結構しっかりとテーリングできます。

resize0825.jpg

はめるのには一苦労しました' ';


ムアリングロープ [整備記録]

12月の強風で、マリーナに舫いロープが切れた船が発生しました。
うららは、マリーナスタッフの取ってくれた増し舫いのおかげでなんとか無事でしたが、これを機に、やせ細っていた舫いロープを交換することに。

resize0805.jpg
ポリエステル・ポリプロピレンの混合ロープ、8打ち、Φ18です。 少しブルーがかった色で見た目もNice。 強度はナイロン並み、擦れに強く、耐水性はナイロンに勝る素材です。 柔軟性があり、手触りもGoodです。 ナイロンロープより安価に入手できました。
右側は古い3打ちΦ16ロープです。(現在は、実測約Φ14)

resize0809.jpg
アイスプライスし、擦れ止め用に皮のカバーをつけました。

resize0807.jpg
エンドのバックスプライス。

舫い3本、スプリング1本、計8カ所のスプライスが終わり、ほっと一息。 これでこの冬の北西も安心できそうです。

日本丸 [その他]

10月12日、日本丸が三河湾に停泊、訓練中でした。
本当に美しい船ですね。

resize0798.jpg
resize0799.jpg
resize0800.jpg
resize0801.jpg
resize0802.jpg
resize0803.jpg
resize0804.jpg

神島上陸 [クルージング]

resize0786.jpg
9月5日、神島に足を伸ばしました。クルージング日和。左に伊良湖岬、右に神島が見えます。

resize0790.jpg
伊良湖水道横断の時は緊張します。


resize0787.jpg
三島文学、潮騒の島。

resize0788.jpg
最初、ある民宿兼食事処に電話したところ、今日は港が満員で泊められない、とのこと。
以前、土曜日は市場が休みなので、市場の前に着けられる、との情報を得ていたので、潮波(さっぱ)さんに聞いたところ、大丈夫とのこと。そばにいたおじいさんに確認したら、「いいよ」と言っていただけたので、ここに泊めました。

resize0789.jpg
昼食は潮波さんでたこ飯定食をいただきました。中央のエイのなんとか?がおいしかった。
11時半ごろ入ったのでよかったのですが、12時頃には入り口に行列が。
今回は時間がなかったので食事だけでしたが、次回は是非島巡りをしたいと思います。

佐久島 w/ゲスト [クルージング]

IMG_0534.JPG
昨日、真夏の晴天、順風に恵まれ、ゲストとともに佐久島へ。
魚眼レンズって、なかなか面白い写真が撮れますね。

IMG_0529.JPG
快適に走ります。気分サイコー!

IMG_0537.JPG
魚眼なら船の全景も。

IMG_0538.JPG
ゆきやさんでひらめのお造り。
最高でした。
(ただ、このひらめ、カメラ目線?)

でも、暑かった~。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。